お札を持たない生活、始めてみませんか?

お札を持たない生活、始めてみませんか?




「家計簿をつけたくない」、「食費の計算が面倒」そんな方におすすめなのが「必要な分だけ財布」です。

一般的に財布って数万円は入れているという方が多いのでは?
ですがそれではあったらあったぶんだけ使ってしまうので節約が難しいです。

とはいえ、1ヶ月ぶんの使うぶんを入れてしまったらすぐにお金が飛んでいってしまうでしょう。

なら、小銭だけを財布に入れるのはどうでしょうか?

1週間分の小銭を財布に入れ、「あと数日でこれだけ」と考えることができるので家計簿をわざわざつけなくても計算がしやすいです。

自分のお小遣いも一緒にしておけば「買いすぎたら自分の娯楽費も減ってしまう」という考えになるので食料品の無駄な買い物もなくなります。

もしお金が残ってしまったら、それは貯金箱などにまとめておいて翌月の娯楽費に回してみても良いでしょう。

月末にちょっとしたご褒美にケーキだったり服だったり。
飴と鞭ですね。

目次

お札は絶対に持たない

どうにもこうにも浪費家を脱出出来ない僕が始めた節約術は「お札を持たない」。

とてもダサい気がするし、ふと買いたいものが買えないと言うツラさは慣れるまでちょっとしんどいですが、かなり効果がありです。

毎日500円玉を財布にいれて仕事に行きます。
使わなければ500円玉は2枚になりますが、500円以上のものを買うとき500円玉を2枚出さなきゃいけません。

さらに1000円を超えると小銭をジャラジャラ出す羽目になりレジで恥ずかしいです。

単純にこの恥ずかしさは浪費心を殺して行きます。

結構な強攻策ですが、3ヶ月も経てば意外と慣れてきます。

出費がわかってるときだけ必要な額を持って行けばいいだけであって、つい買ってしまう癖だったり、何に使ったかわからないような買い物は今はゼロに近いです。

これだけで普段の生活で使うのはひと月¥15000になり今まで気付いたら無くなっていたと言うお金は銀行にしっかり残ります。今までどれだけ必要の無いものを買っていたのかと思い知らされました。

あると使ってしまう性格の人にはもってこいだと思うので一度試して見てはいかがでしょうか。

面倒ですが給料が入ったら銀行で両替して500円玉を30枚、瓶にいれて毎朝1枚持って行く。
これだけでいいです。

お札は特別な時には使いましょう。




こちら記事もチェックしてね(*^^*)

コメント

コメントする

目次