ギャンブルでつくった借金を返せないので債務整理する羽目になりました。

ギャンブルでつくった借金を返せないので債務整理する羽目になりました。




借金をするきっかけは競馬にはまって生活費が足りなくなって借りたということが一番最初でした。

ギャンブルの負けがかさんで所持金が足りなくなってしまいました。

クレジットカードのショッピングは普通に利用していたので、その延長のつもりでキャッシング枠を利用しました。

目次

どんどんお金を借りるようになった。

一度利用するとハードルが下がるもので、以後は自分の預金を降ろすような感覚で利用するようになりました。

しかし、当然返済をしないといけないのですが当初の目論見とは異なり、自転車操業的な返済となりました。

そうすると、利息の分使える枠が減っていくことになるので、ほどなくパンクしてしまいます。

そうすると次の借金先を探すことになり、カード会社から断られるようになり、今度は消費者金融に手を出していきました。

そこでやめておけばよかったのですが、あまりにも簡単に借りることができたために、お金が無くなるとまた新たな会社から借金をするということを繰り返して気づいたときには借金が200万以上になっていました。

消費者金融はカードのキャッシング以上にハードルが高いものですが、一回借りてしまうと後はいくつでも同じという感覚になってしまい、典型的な多重債務に陥ってしまいました。

大丈夫、一発当てれば返せるはず…。

お金さえあれば競馬ができる、競馬をしていれば当たるから借金なんてすぐに返せるというように考えて返済についてあまり真剣に考えてはいませんでした。

ただ、給料からの毎月の支払いがいよいよきつくなってきて、どうしようもいかなくなってからどうしようかと考えて競馬をやめることにしました。

競馬をやめると生活自体は質素にして暮らしてはいましたが、借金自体の返済はぎりぎりで毎日の生活が苦しくてたまりませんでした。

結局、過払い金請求と債務整理を行い、現在は借金は完済しましたが、クレジットカードが作れなかったりローンが組めなくなったり不便を感じます。

確かに信用機関情報は一定期間たてば無くなるのですが、多重債務者はだいたい複数のカード会社で社内ブラックになっているので大手では実質使えなくなるのです。

借りるときにはピンチだからあまり返済のことを考えていなかったことが反省点で後悔しています。




こちら記事もチェックしてね(*^^*)

コメント

コメントする

目次