食費を抑えるコツ5選。

食費を抑えるコツ5選。




今後は食品などの値上げが立て続けに行われたり、消費増税などで家計にかかる負担がかなり高くなっていきます。人間が生きるうえで必ず必要となる毎月の食費の部分が1番ネックですね。

今回は食費をできるだけ抑える方法をお伝えします。

目次

まず1週間の献立を立てて、スーパーでまとめ買い

1週間分の献立の作り方

「1週間の献立を作るのが面倒…」と思う人もいるかもしれませんが、食費を抑えつつ美味しい自炊メニューを食べるためには必須項目です。

今ではネットでいくらでも献立を検索できる時代です。
これを続けると料理のレパートリーも増えるので、だんだん1週間分の献立を考えるのがラクになってきますよ(^^♪

このときにポイントなのが食材が余らないように献立を組むことです。
そうすることで無駄な買い物をしなくて済むので無駄な食費が抑えられます。

スーパーでの賢い買い物の仕方

買い物をする際には野菜やお魚、お肉はできるだけ大きいパックのものを買うのがオススメ。

大きいパックだと賞味期限や消費期限内に使うのが無理だと思うので、そういった場合は冷凍するのが良いです。

冷凍する際に味付けをしてから冷凍しておくと次に使う時に火を通すだけなので疲れて帰ってきたときなどにもラクですよ。

買い物に行かない日をなるべく多く作る

たとえばひとつだけほしいものがあってスーパーに行くと、一つだけ買うのはなんだかなと思ってつい他のものを買ってしまうものです。

それを避けるだけで、月々の出費は確実に減るのです。

ただ、夕食などの食材は、1週間分の料理の計画を立てれば可能ですが、牛乳やパンなどのいわゆる賞味期限の短い日配品はどうしも1週間持たせることが難しいですよね。

あえてスーパーではなくコンビニに行く

それでわが家では1週間のうちで途中で買わなければならないものはあえてコンビニに買いに行くことにしています。

最近はコンビニのパンも種類が豊富で比較的値段も抑えられています。
でも、他の食品はコンビニだとスーパーより高いので購買意欲がそがれるのですね。

それを利用して、パンや牛乳だけ買うことができます。

まとめ

一通り説明しましたがポイントをまとめると5つです。

  1. 1週間分の献立をまとめて立てることで食材の無駄をなくす
  2. まとめ買いをしてできるだけ大きいパックのものを買う
  3. 冷凍庫を活用して食材を日持ちさせる
  4. 買い物をしない日を作る
  5. あえてコンビニを利用する

以上の5点を守れば誰にでも簡単に食費を節約することができます。




こちら記事もチェックしてね(*^^*)

コメント

コメントする

目次