給料の貯金のやり方

給料の貯金のやり方




給料をもらったら、すぐに貯金に回してしまうと節約できます。

目次

例えば、毎月5万円貯金する

給料を一旦全額下ろし、家賃、光熱費など必要経費を分けたあとさらに5万円を銀行口座に入れて貯金し、残ったお金を交際費などに充てて生活すると節約に繋がります。

今月はこの額しか使えないから頑張って節約しようという気持ちになりますし、既に5万円を銀行口座に預けているのでわざわざATMまで下ろして使うのはもったいないと感じるので節約に繋がります。

余ったお金で最終日に贅沢する

モチベーションも上がりますし、我慢しているという感覚が薄れるので、今後も節約を頑張ってしようと意欲がわきますね(^_^)

買いたいものがあるけど、残ったお金では買えないという場合は来月まで貯めて買おうと思ったり、食費を削って買おうと感じるので更なる節約に繋がります。

使った後残ったものを貯金するよりも、あらかじめ貯金しておくことでこれだけしかないから頑張ろうという気持ちになるのでおすすめです。




こちら記事もチェックしてね(*^^*)

コメント

コメントする

目次